【郵送遺伝子検査キットで調べて備える若ハゲ・成人病、子供の未来】

個人向け遺伝子検査のガイドサイトです!

 

遺伝子検査MYCODE-マイコード-の詳細と注文はコチラ

 

自分の遺伝子を知って生かす時代に

従来は医療機関経由でしかできなかったDNA検査が個人でできるサービスが増えてきました。

 

そういう遺伝子検査サービスについてまとめて紹介しているサイトです。

 

申し込むとキットが郵送されてきて、自分のDNAのサンプルを採取します。

 

と言っても唾などを付属容器に入れて郵送するだけ。

 

数週間後に検査結果がサイト内にアップされ、ログインして閲覧(※)できます。

 

(※主要なサービスでは、インターネットに接続されたパソコンが受診に必要です。)

 

遺伝子検査でわかること
  • 将来の病気(がん、成人病、他)の可能性
  • 体質(太りやすい原因、はげる可能性、アトピー等)
  • 太古の祖先の系統

 

検査でわかることは、当然検査の種類によって異なります。

 

一つの項目だけを調べるものから、総合的に複数の項目を調べるものまで。

 

費用は、8000円〜3万円くらいの商品が現状は多いです。

 

遺伝子は一生変化しないので、何度もいろいろな検査をする意味は薄いです。

 

よほど進化した検査が新たに出ない限り、検査は1度で十分。

 

そう考えて、多少費用がかかっても、信頼性の高い会社の総合的な検査を選択する人がほとんどです。

 

癌や脱毛症やダイエットなど、特定テーマだけ調べるより、数百項目の病気・体質などを全部調べた方がコスパは断然いいです。

 

現状、下記のようなサービスが提供されていますが、マイコードのヘルスケアが特に人気です。

 

遺伝子検査MYCODE-マイコード-の詳細と注文はコチラ

 

現在提供中の遺伝子検査サービス

マイコード (MYCODE)

モバゲーで成功し、球団も持つ(株)ディーエヌエーが、東京大学医科学研究所と提携して始めた新規事業。

  • ヘルスケア
  • がんパック
  • ディスカバリー
ジーンライフ (GeneLife)

遺伝子検査産業ベンチャーのジェネシスヘルスケア社が提供。

  • 肥満遺伝子検査キット
  • 肌老化遺伝子検査キット
  • メタボ遺伝子検査キット
  • 骨粗しょう症遺伝子検査キット
  • アルコール代謝関連遺伝子検査キット
  • AR遺伝子検査キット(男性型脱毛症)
  • ハプロ (祖先遺伝子検査)
  • ジーンライフ・ゼロ(総合検査)
ディアジーン (DearGene)

ルナルナで有名な携帯・スマホでのヘルスケアサービス老舗エム・ティー・アイの子会社(株)エバージーンが提供するサービス。

  • がん遺伝子解析キット
  • がん+生活習慣病遺伝子解析キット
ジェノタイピスト (Genotypist)

医療系コンピュータシステム開発会社コスモシステムズが提供するサービス。

  • ダイエット遺伝子分析キット
  • アルコール感受性遺伝子検査キット
  • 葉酸代謝遺伝子検査キット
キャンテクト (CanTect) 医師や博士号取得者を中核とする研究開発ベンチャー(株)ジーンサイエンスが提供するサービス。
その他

【(株)ジーンクエスト】
京大農学部卒の女性博士が率いるベンチャー。従来100万円くらいかかっていた総合的なDNA解析(200項目以上に関わる5000個の遺伝子を解析)を1/20の価格で提供。

 

【(株)サインポスト】
阪大医学部発の遺伝子検査ベンチャーが、「動脈硬化/糖尿病合併症リスク判定」および「運動&栄養プログラム」の検査サービスを提供。

 

【(株)プロップジーン】
検査研究用試薬・キット開発販売等の会社が、「男性型薄毛・脱毛症遺伝子検査(AGA)」の検査サービスを提供。男性版と女性版あり。

 

【(株)ハーセリーズ】
薬局として創業し、検査ビジネスの会社となったイービーエス(株)(EBS中央研究所)が販社(株)ハーセリーズを設立してサービス提供。
「DNA SLIM ダイエット遺伝子分析キット」「DNA EXERCISE スポーツ遺伝子分析キット」の2種。

 

【ドクターシーラボ】
メディカルコスメ大手のDr.Ci‐laboが「肥満遺伝子検査セット」「肌老化遺伝子検査セット」の2種のサービスを提供。

 

【DHC】
コスメ通販大手が「DHCの遺伝子検査 ダイエット対策キット」を提供。

 

遺伝子検査MYCODE-マイコード-の詳細と注文はコチラ

DeNAの「マイコード」受診体験レポート

 

DeNAのマイコード(MYCODE)を受診してみたので、その様子をレポートします。

 

マイコードの概要

DeNAの子会社DeNAライフサイエンスが、東京大学医科学研究所と提携して提供している遺伝子検査です。

 

  • ヘルスケア (検査項目数280  \29,800)
  • がんパック(検査項目数がん38 特別価格 \9,800)
  • ディスカバリー(検査項目数21  \9,800)

 

上記の3種があります。

 

ヘルスケアを選ぶ人が多いですが、新しく出た「がんパック」も人気です。

 

マイコードのポイント
  • 有名企業(DeNA)の安心感
  • 検査機関(東大の研究所)の権威と信頼感
  • 検査の総合性【全280項目検査(がん38+生活習慣病19+その他病気93+体質130)】(ヘルスケアの場合)
  • 試料採取の簡単さ(唾を入れて送るだけ)
  • 個人情報保護、解析後の試料廃棄体制の信頼感

 

マイコード誕生の背景

私がマイコードを選んだ理由としては、その誕生の背景もあります。

 

ディー・エヌ・エーといえば、携帯ゲームサイト「モバゲー」で一世を風靡し、球団まで持つに至ったベンチャー出身の大企業。

 

その創業者は、南場智子さん。

 

若くして世界最大のコンサルティング会社マッキンゼーのパートナーにまで昇りつめながら、その地位を捨てて起業の道を選んだ人です。

 

ディー・エヌ・エーを大企業に育てた後、彼女は夫の看病のために第一線を退いていました。

 

そして復帰後に彼女が手がけた最初の事業こそ、遺伝子検査のマイコードなのです。

 

彼女がやる事業なら間違いない!そういう思い入れもあって選びました。

 

まだ新芽ばかりのサービスの中で、マイコードは完成度の高いサービスだと思います。

 

マイコード受診体験記

自分で本当に検査してみた体験を報告します。

 

STEP1 ネットで申込み

氏名、性別、生年月日を間違えないよう、注意してください。

 

提出試料に添付する書類と照合して、食い違いがあると検査は中止されるルールになっています。

 

個人の情報保護のために必要な仕組みです。

 

STEP2 試料採取セットが自宅に届く

マイコード写真

 

唾を入れて送る容器の入った箱が届きます。

 

外観はパソコンソフトの箱みたいです。

 

試料採取器

 

箱の中に入っている資料採取器のパックを開けたところです。

 

STEP3 試料(唾)を返送する

試料採取シーン

 

試料採取は唾を所定の線まで入れるだけ。

 

ただし、30分前から水以外のものを口に入れてはダメです。

 

食べ物や口紅が混じると、本人以外のDNAが混じってちゃんと検査できなくなる可能性があるからです。

 

試料採取器

 

唾を入れ終えたら、蓋をします。

 

すると青い保存液が下りてきて混じります。

 

これで唾が郵送中に腐敗してDNAが破壊されるようなことがなくなります。

 

試料と同封物一式

 

試料(唾)と同意書を、同封されていた封筒に入れます。

 

  1. 同意書に必要事項を書き込み、署名する
  2. 同意書に貼られている番号をパソコンでマイコードのサイトに登録する

 

以上の作業を忘れると検査をしてもらえなくなるので注意です。

 

封筒に封をしたら、ポストへ。

 

STEP4 検査開始通知

1週間ほどすると遺伝子解析開始のスタートがメールで通知されます。

 

そこから2週間ほどすると、遺伝子解析の結果が見られるようになります。

 

STEP5 検査完了

検査が完了すると、その旨の連絡メールが来ます。

 

検査完了メール

 

マイコードのサイトのマイページにログインすると、検査結果を見ることができます。

 

遺伝子検査MYCODE-マイコード-の詳細と注文はコチラ

私の検査結果

 

遺伝子検査MYCODE-マイコード-の詳細と注文はコチラ

 

がんの発症リスク

マイコードのがん検査は、「ヘルスケア」「がんパック」共通で38項目あります。

 

日本人で死亡件数の多いがん1位は、男性が肺がん、女性が大腸がんです。

 

ほかに多いのは、胃がん、肝臓がん、膵臓がんなどです。

 

男性の場合は前立腺がん、女性の場合は乳がん、子宮がんも気になります。

 

私の場合、以上のようながんについては、そんなに発症リスクは高くないと出ました。

 

しかし、ホジキンリンパ腫という聞きなれない病気のリスクが、日本人平均の2.57倍ありました。

 

ホジキンリンパ腫

 

白血球のがんの一種らしいです。

 

リンパ節が腫れるようなことがあったら、早めに受診しようと思います。

 

生活習慣病

脳梗塞、心筋梗塞はがんとともに日本人の死因の上位を占めます。

 

動脈硬化、糖尿病、肥満、高脂血症など、ほかにもいろいろある生活習慣病。

 

マイコードの検査は19項目です。

 

私はどれもそんなに高くありませんでした。

 

しかし、がんも生活習慣病も発病は、遺伝要因×環境要因で決まります。

 

環境要因というのは食生活やストレスです。

 

生活習慣病に比較的なりにくいことはわかりましたが、それで安心して暴飲暴食を続ければ、やはり生活習慣病になります。

 

無理な節制までする必要はなさそうですが、休肝日を作り、お腹周りを少し絞っていくつもりです。

 

その他の病気

ベーチェット病の発病リスクがかなり高いと出ました。

 

日本人平均の4.53倍もあり、同じ遺伝子型を持っている人は100人に1人だそうです。

 

ベーチェット病

 

治療法がなく、最悪は失明するので、怖い病気ではあります。

 

しかし、遺伝子が存在するだけでほぼ発病が確定するような病気は検査に含まれていないので、そこまで心配はしていません。

 

アルツハイマー型認知症やパーキンソン病の検査もありますが、私は発症リスク低でした。

 

体質

マイコード「ヘルスケア」の体質検査項目は130もあります。

 

お酒が好きで、顔に出ず、コーヒーも好きというのは当たっていました。

 

興味深いところでは「長生きする可能性」があります。

 

かなり長生きする可能性が高いとの結果が出ました。

 

ただし、あくまで一部の遺伝子面からだけの話で、どんな生活を送るかとか、他の病気が出るかで出ないかも関係します。

 

寿命予測というほどのものではないことは理解した上で読んでほしいという趣旨の注意がありました。

 

祖先

日本人はわずかな例外を除いて、ほとんどの人が9つの祖先グループに分類されるそうです。

 

遺伝子分析により、自分がどの祖先をもつのかがわかります。

 

これはマイコードの場合、「ディスカバリー」で検査できます。

 

また、「ヘルスケア」や「がんパック」の受診者は後から割安で「ディスカバリー」を購入できます。

 

私もそのうちやってみようと思っています。

遺伝子検査の活用方法

 

遺伝子検査MYCODE-マイコード-の詳細と注文はコチラ

 

私の体験を読んで「『「何かの病気のリスクが高い』という結果が出たらこわいな」と思った方もいると思います。

 

しかし、やみくもに恐れず、今後の人生に生かしていくのが遺伝子検査の正しい使い道だと思います。

 

マイコードの検査結果には生活のアドバイスなどもついてきます。

 

私も自分が思う検査結果の生かし方を示しておきます。

 

活用法1 予防につながる生活習慣を取る

予防策の取れる病気だったら、まずそれを実行するのがいいと思います。

 

例えば、肺がんの発病リスクが高いと出たら、煙草をやめる。

 

なかなかできなかった禁煙のきっかけにすればいいのです。

 

脳梗塞・心筋梗塞・動脈硬化などの発症リスクが高ければ、脂っこい食事を減らしましょう。

 

DHAやEPAなどオメガ脂肪酸のサプリ摂取も有効です。

 

そして軽いものから始めて、運動習慣をつけましょう。

 

活用法2 検査頻度を上げる

乳がんの発症リスクが高いと出た人は、毎年乳がん検査を受ければいいのです。

 

発症リスクの高い病気を重点的に検査することで、早期発見の可能性が高まります。

 

活用法3 心当たりの症状が出た時に医師に情報提供する

発症リスクが高いと出た病気について、ネットなどで調べて少し勉強しておきます。

 

心当たりの症状が出た時に、「昔、遺伝子検査で発症リスクが高いと言われた病気の症状に似ているように思うのですが」と医師に告げます。

 

珍しい病気の場合は、その情報のおかげで診断が早まることもあるでしょう。

 

単一遺伝子病や家族性腫瘍の検査は含まれていない

病気の中には、ある遺伝子を持っているだけで発症が運命づけられてしまうものもあります。

 

単一遺伝子病や家族性腫瘍と呼ばれるものです。

 

そしてそれが死に至る不治の病だったりすると、発症前検査をしたがために絶望のどん底に突き落とされることになります。

 

マイコードの検査にはそういう病気は含まれていません。

 

マイコードで発症リスクが高いと出たら、それは科学的事実です。

 

しかし、生活習慣や偶然に左右されて実際は発病するかどうかわからないのです。

 

過度に心配せずに前向きに生かしていきましょう。

 

 

遺伝子検査MYCODE-マイコード-の詳細と注文はコチラ

【PR】 赤ちゃんの先天異常防止のために

「遺伝」という言葉で一番心配になるのは新生児のことです。

 

赤ちゃんが何の遺伝疾患もなく元気に生まれてほしいのはすべての親の願い。

 

しかし、先天異常を引き起こすのは遺伝子の異常だけではありません。

 

薬物やある種の栄養素の不足も原因になりえます。

 

例えば妊娠初期には葉酸というビタミンB群の一種の必要量が普段の2倍近くに上昇します。

 

この時、葉酸を十分供給してやると、「神経管閉鎖障害」という先天異常の発生率を半分以下に下げられることがわかっています。

 

本サイトの訪問者で赤ちゃんのことが心配な方にはぜひ下記のサイトに目を通していただきたいです。

 

妊娠初期の葉酸の重要性とおすすめの葉酸サプリ